スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十牛図について考える

なーんか最近、私用で忙しく、新しい記事をUPできずにいます。
その代わりと言っちゃァなんですが、十牛図について大学で書かかされた
レポートなんぞ投稿いたします。ご笑覧くださいませ。

十牛図 google
http://www.google.co.jp/search?source=ig&hl=ja&rlz=1G1GGLQ_JAJP332&q=%E5%8D%81%E7%89%9B%E5%9B%B3+%E8%A7%A3%E8%AA%AC&oq=%E5%8D%81%E7%89%9B%E5%9B%B3&aq=1&aqi=g10&aql=&gs_sm=c&gs_upl=2422l7000l0l17031l13l12l0l0l0l3l500l3391l0.1.7.3.0.1l12l0



『十牛図』
 十牛図とは、十枚の「絵」とそれぞれに対する漢文「序(じょ)」と漢詩「頌(じゅ)」によ
って禅の思想が説明される禅宗の文献である。日本では十二世紀に活躍した廓庵(かくあん)
が伝えたものが馴染み深い。

 「第一 尋牛(じんぎゅう)」は牧童が山深く分け入って牛を探す場面である。しかし十
牛図の序は、実はすぐ近くに牛は居り、探す必要などないのだという。己が元来 備えてい
る仏性や如来蔵に気づくべき、との仏教初学者への教えを含んでいる。
 
「第二 見跡(けんせき)」で牧童は牛の足跡を見つける。「『足跡』は経典やその教えを
象徴(テキスト P217)」しており「牛は『真実の自己』」を表現している。
 
「第三 見牛(けんぎゅう)」で牧童は牛の鳴き声を聞いて牛を見つけ出す。「足跡は
(略) そばに牛がいることを示すもので」はないが「牛の鳴き声は牛がそばにいる (テキ
ストP220)」ことを確実に示す。これは、経典によって真実の自己に近づいたとしても
最後には自分の感覚を頼りに真実を見極め悟りに達するべき、という禅の己自究明の思想
に通ずる。
 
「第四 得牛(とくぎゅう)」では牧童が抵抗する牛を捕まえ手綱をつける。しかし「牛
を捕まえた喜びや安堵感は (テキストP225)」ない。牧童の目的は牛を捉えるのみにあ
らず、捉えた牛を家に連れて帰ることである。
 
「第五 牧牛(ぼくぎゅう)」で、牛はなかなか飼い馴らされず「勝手に歩きだして汚れ
た世界へ行ってしまう(テキストP232)」。飼い馴らされない牛は不完全な真実の自己を
表現しているのであろう。心理学的見地から考察すれば、牧童は意識を、牛は無意識を、
表していると解釈できる。意識(牧童)は理性を持つが心的領域は小さく(力は弱く)、無意
識(野性の牛)の領域は膨大(力が強い)だが本能の赴くままに行動してしまう。真実の自己
(牛)も初めから完全ではなく、真実の自己の中にも善悪があり牧童の中にも善悪がある。
両者に優劣はなく、同調し一体となることが大事である、という解釈もできる。
 
「第六 騎牛帰家(きぎゅうきか)」では、牧童が牛に騎乗して我が家へ帰る。このこと
は、意識(牧童)と無意識(牛)が同調し、その堺が薄れ無くなり、牧童と牛が一体となって、
平穏な状態(我が家)に戻ることを表現している。
 
「第七 忘牛存人(ぼうぎゅうそんにん)」で牧童は牛とともに家に帰った。しかし絵・
頌ともに、牛の姿は描かれていない。序<訳>には「牛をしばらくの間、主題としたにすぎ
ない(テキストP242)」と記されている。
 
「第八 人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう)」の絵は、人も牛も家も自然もすべて消え、円だ
けが描かれる。この円は一般に「一円相」「空円相」とよばれる。廓庵の十牛図の「もっと
も特徴的(テキストP251)」な点であり、この円相を上田閑照博士は「飛躍的展開」と
解説する。この円は、聖者や名僧らが経験する無我の境地を表現したものと考えられる。
過去も未来も現在も上下左右もない。時空間と 私 が消えて"ただそこに在る"のである。
 
「第九 返本還源(へんぽんげんげん)」では、自然だけが描かれる。ここで牧童は無我
の境地から現実世界へ静かに戻ってきたと解釈できる。以前の牧童は「現象世界の栄枯」
は作為的」であった。「水」はいまほど「緑」でなく「山は青」くなかった。現在の牧童は
以前と異なる美しい世界に生きている。
 
「第十 入テン垂手(にゅうてんすいしゅ)」では、真の自己を実現した老人(以前の牧童)
が牛を探し求める若い牧童を教化している。「テン」とは賑わう街を意味し、「垂手」は人々
を教化済度することを意味する。聖者はただ聖者であるだけで満足せず、大乗仏教の見地
から市井に戻り人々を教下するのである。

 心理学が創始される遥か以前から、仏教哲学は意識と無意識のかかわりを考察してきた
。後発の心理学が、十牛図「見牛」~「忘牛存人」のくだりを眺めた場合、意識 (牧童)が
無意識 (牛)の存在に気づき、一体となることで人々に平穏が訪れる、との解釈ができる。

現代は、うつ病ほか精神疾患の急激な蔓延が物語るように過剰なストレスに晒される時
代である。そんな我々に十牛図は"自らが無意識の底に閉じ込めたネガティブな感情に一
刻も早く気づき、そして対峙し、さらに飼い慣らし、穏やかで楽な人生をとりもどせ"と
教えているのではないだろうか。

(1,778字)


2011.09.03
はくけい堂
スポンサーサイト

悟りにおける身体感覚の重要性

仏教系の通信大学で勉強しているものですから、仏教のレポートも書かせられます。

「学校とは部活して弁当食って睡眠をとる場所である」と、信じて疑わなかった
偏差値30のできそこない学生が、二十数年後にこんなもの書くはめになるんですから、
人生ってなにが起こるかわかりませんねぇ。
。。。。。。。。。。。。。。。。

悟りにおける身体感覚の重要性

ゴータマ・ブッダは7年もの苦行の後、菩提樹下での瞑想で悟りを開いたと伝えられて
いる。苦行とは肉体を苦しめるものであるが、苦痛とともに己の身体を強く感じるための
方法と理解することも可能だろう。一方、深い瞑想状態では己の身体感覚は消失するとい
われる。この2つの修行方法は、一見、対極にある修行方法のように感じられるが、じつは
身体感覚を研ぎ澄ますという視点から見れば同一の目的であるといえる。

菩提樹下でブッダが悟った十二支縁起は、人の無知 (無明)が、いかに人生の苦(老死)
に結びつくのか示されている。十二支縁起において、人は自分で苦を作り出すとされる
が、そこでも感覚器官が大きく関与するという。触・六入・名色・識の段階は、「感覚
器官が対象をとらえ、その時に認識作用が働いている状態を意味(テキストP123)」す
る。取・愛・受では、感覚器官から送られ、認識された情報が情動・感情に変換され、
意識に上ってくる様が示されており、見たり聞いたり嗅いだりする対象を、誤って選択
すると執着を生むという。これらの記述は、ブッダが身体感覚を重要視していたことの
証左と考えられる。

古代インドの唯識瑜伽(注・ゆが=ヨーガ)行派とよばれる宗派は、現代で言う深層心理に
注目していたという。「五感の発生源である眼・鼻・舌・身・意と深層心理二識(マナ意識
・アラヤ識)を含む八種を、唯識学派の人々はヨーガの実践を通して浄化できる。さらに
さとりに到達できると考えた。 (略) 煩悩、執着によって左右しがちな人間の認識作用は、
ヨーガという心身の感覚を伴う実践を重ねることによって浄化できると説いたのである。
(久保田展弘 、2010、75ページ)」また、禅宗では不立文字・教外別伝が強調され、
「ただひたすら座ることによって、ブッダのさとりに直に入っていくこと(久保田展弘 、
2010、109ページ)」が宗徒らに薦められる。

思考で悟りを理解しようとすることは重要な作業である。しかし、人間の心は肉体と分かつ
ことができないことも我々は忘れてはならない。五感が捉えた情報は、脈拍・血圧の変化や
神経興奮を引き起こし、体内環境を変化させる。体内環境の変化は情動に変換され、情動は
感情に大きく影響を与える。感情・情動・五感の変化を、どこまで深く細かく意識で感じとる
ことができるかは重要である。つまり、身体の微細感覚に眼を向けることで、自分の本当の
心のありように気づくことが可能となるのである。そしてその時、我々は初めて「自分が自分
の主となる」ことができるのであろう。

(1044字)

【参考文献】久保田展弘(2010)仏教の身体感覚・ちくま新書



2011.07.15
はくけい堂

ニライカナイについて

仏教の入門書のようなものを読んでいて、仏像について始めて知った事が
あるんですが↓

●如来=悟った仏。仏界から降り、真理の体現者として人々を悟りの境地
へ導く。
●菩薩=未だ悟っていない仏。自身も修行しながら人々も救う。
●明王=大日如来の化身といわれる。怒りの形相で人々を叱り、教え諭す。
●天 = 仏の住む世界に悪者が寄り付かない守護する。

だそうですよ。菩薩ってまだ悟ってないホトケだったのね。へえ~。
と、そこまで読んではっとしました。「如来」?・・・そういえば沖縄の・・・

竹富島「ニーランの石」とは
如来が なまって ニーランに転化したのでは?
ニーランの石は正しくは「にょらいの石」?

琉球に伝わる「ニライカナイ」伝説って
「ニョライ (の) クニィ(国)」伝説 なんじゃないの?
カナイは “叶い” や”彼方”ではなくて、正しくは“国”では?

柳田国男の「海上の道」をはじめとして、いろんな民俗学者が『ニライカナイ』
についていろいろ考察しているんですけど、ぼくは今までどうもしっくりこな
かったんです。なんかやたらと小難しく学問しちゃってるけど、ソレ信じちゃって
いいのかなって・・。

「 ニライ カナイ 」
「 ニョライ ( の住む ) クニィ 」

そうかんがえれば すべてがスッキリします。

ニライを如来とするもうひとつの根拠があります。八重山にはミルク信仰と
呼ばれるものがありますが、これはダイレクトに弥勒(みろく)菩薩信仰
なんですよね。

。。。。。以下、無断転載( ごめんなさい )。。。。。

「ミルク」は「ミロク」が沖縄方言に変化したものであり、すなわち「弥勒」の
ことです。弥勒は、釈迦入滅後56億7千万年後にこの世に出現し、釈迦仏
が救済しきれなかった衆生を救う来訪仏とされます。
北西インド~南インドで、大乗仏教の発展と共に未来仏としての弥勒信仰が
広まり、やがて中央アジアを経て中国大陸に伝わり、広く深く浸透しました。
(略)
いっぽう宮古地方にはなぜかミルクの仮面は出現しません。伝承によれば
かつて宮古には女性のミルクがいて富をもたらしていたが、サーカ(=釈迦)
と大げんかをし勝負に負けて宮古を去り、支那の守護神になったということです。

。。。。。。。(ここまで)。。。。。。。。

( 宮古では釈迦如来まで登場!!)
ぼくらが旅して沖縄を訪れるとき、
「沖縄では仏教など宗教があまり浸透していなくて、先祖崇拝や沖縄独特の信仰
が盛んである」って話をよく聞きます。でもそれは、単に「浸透しなかった」
んじゃなくて、

「琉球独自のアニミズムが渡来した仏教を呑みこんだ!」

んですね。 そこ、おそらく間違いないと思います。 で、「仏教 信仰 沖縄」でさらに
検索続けたら、 「琉球仏教史の研究」 という、たいそう面白そうな本を見つけました。

。。。。。(ふたたび無断転載)。。。。。

本書は前書きにおいて、そのような構造物や写真さえない、500年以上もさかの
ぼった古琉球時代のことを「今を去ること500年前、沖縄は仏教王国であった…
首里や那覇のそこかしこにお寺が存在し、袈裟(けさ)姿のお坊さんが人々に混じ
りあって行き通うというのが日々の光景であった」と記し、読者を挑発する。
 しかし、それは単なる挑発ではない。そのことを裏付けていく細かい作業が始め
られていく。先行研究者たちの研究をたどり、その内容を確認しつつ、綿密に既存
の史料を読み返し、再解釈することで「仏教王国 琉球」を探し出していく。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

やっぱりか!!! そういうこと知りたかったんよ。
この本読んだら「ニライ」=「ニョライ」説 証明に一歩近づけるかも。

・・・てな事考えてたら、八重山の友人たちに会いに行きたくなりました。
竹富島で会いましょう



2011.06.27
はくけい堂

仏教について

ぼくが勉強している通信大学は仏教系なものですから、仏教は必修科目です。
仏教について勉強していくうちに、哲学としての仏教や、その歴史がだんだんと
面白くなってきました。

仏教について ぼくなりの理解をちょっと書いてみたくなりました。
ただし、仏教に興味のない人には、このうえなくつまらないエントリーとなること
請け合いですから、そんな方は読まずにすっ飛ばしちゃってください。

またのお越しをお待ちしております。m(_)m


はくけい堂
黒ねこ時計 くろック E01
カテゴリ
最新記事
プロフィール

はっけー

Author:はっけー
●静岡県下田市須崎で鍼灸整体院を営業しています。

はくけい堂治療院 
hakukei.net
どうぞごひいきに。

●蟹座。AB型。


●すきな有名人
江頭2:50


●趣 味
コンビニで立ち読み


●座右の銘
『体に良いことばっかりしてちゃ
 体に悪いよ?』


●尊敬する人のことば
『田舎哲学者の気さくさで話しつつ、内には剃刀のように鋭利な知性を保つべし』
by ジョージ・グッドハートDC

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。