スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能登にて

先日いただいた休みを利用して
能登-越中-飛騨路をソロ・ツーリングしてまいりました。

2016.05.24(TUE)~05.27(FRI)


01
(念願の千里浜なぎさドライブウェイ


下田-長泉沼津~新東名~新富士-朝霧高原-甲府南~中央自動車道~
松本-安房峠道路(有料)-神岡-富山~北陸自動車道~能越自動車道(無料)-
石川県七尾二泊-穴水-九十九湾-見附島-白米千枚田-輪島-大沢-
ヤセの断崖-義経の舟隠し-千里浜なぎさドライブウェイ-金沢一泊-五箇山-
白川郷-郡上八幡~東海北陸道~東海環状自動車道~新東名~沼津長泉-下田

ドミトリー 2,400~2,700円/1泊 てなかんじで1,373km。



12
(ずっと訪れたかった白米千枚田



14
能登ツーリング2日目は小雨模様。でも雨なんかにヘコたれず
のと鉄道に乗りこみ七尾市街のお寿司屋さんへ、いざ出撃。
しかしながら
老舗すし店の上等な握りを前に、能登の地酒を呑み過ぎて、
真っ昼間から 返り討ちにされたことはナイショです。


17
七尾の居酒屋では「サヨリの刺身」「しめさば」。
金沢の居酒屋では「白エビの刺身」「くじらの刺身」「金沢おでん」。
酒は立山。
日本海は何もかもが美味しかったのでした。


知らない町の居酒屋のカウンターで、
土地の人たちが話す、日々の暮らしや生活の知恵や歴史や言い伝えやを
その土地の方言で聞きながら、杯を傾けること。
旅先の居酒屋におけるひとり旅の至上のたのしみ。

七尾の居酒屋Nで出逢ったシャチョーは
どこの馬の骨とも知れぬ旅人の好奇心に、二晩も付き合ってくれました。
能登の話からはじまって、のと鉄道のこと、能登にいたであろうアイヌのこと、
地震のこと、原発のこと、町おこし町づくりのこと。シャチョーの知識は
とても広く、そして深く、面白可笑しく話を伺いました。またお会いしたい人です。

居酒屋Nで出逢った壮年団 Hさん、Jさん
Jさんに教わったルートで奥能登を往きました。おかげさまで大沢地区の絶景を
見ることができましたよ。感謝です。
壮年団が頑張っている出会いの虫送り。その光景を近い将来のいつか、
この眼でかならず見てみたい。


13
(大沢地区のこの絶景!朝ドラ「まれ」のロケ地だったとか)

能登半島の海岸線は、
ときに瀬戸内のように見えることがありました
房総半島のようにも 伊豆半島のようにも さまざまな姿を見せて
一日中走っていても まったく飽きることがありませんでした。

能登島周辺は晩冬、道路わきに1mぐらい雪が積もっていても道が凍る
ことはなく、運悪く雪でも降らないかぎりバイクでも走れるんだそうです。
地元の人が言ってました。いいこときいちゃった。
今回は日程の都合で、「富山湾越しに見る立山連峰」をあきらめて帰って
きたんですが、来春、雪を纏った立山連峰を眺めに、バイクで再度訪れたいと
考えてます。

新幹線の開通で北陸が注目されたはイイけれど、
金沢止まりの旅じゃ、ゼッタイにもったいない。
のと鉄道+レンタカーで能登半島を訪れることをオススメしたいです。



またな。能登半島  


2016.06.04
はくけい堂

18
愛機ヤマハ MT-09。千里浜の最高のロケーションにもかかわらず、
荷台にタオルやらビーサンやらペットボトルやら 生活感満載バイクでゴメンナサイ。



ギックリ腰 急性慢性腰痛 股関節痛 坐骨神経痛 膝の痛み 
足首の痛み 足趾の痛み 頭痛 生理痛 首の痛み 寝ちがい 
四十肩 五十肩 肘の痛み 手首の痛み 手指の痛み 等々、
身体を動かした時の痛み(動作痛)は鍼灸整体の得意分野です。
下田市・南伊豆町・河津町・松崎町・東伊豆町・西伊豆町
皆様のお越しをお待ちしています。

スポンサーサイト

北海道にて

過日、
夏休みをいただいて道東を走ってきました。

はっけい堂 in 北海道  phot by 軽薄堂。



n12
(ナイタイ高原にて)


伊豆下田-仙台港(フェリー)-
苫小牧港-平取-日勝峠-帯広-釧路-北太平洋シーサイドライン
-厚岸-厚床-根室-納沙布岬-野付半島-羅臼-知床峠-ウトロ
-濤沸湖-能取岬-能取湖-サロマ湖-網走-網走湖-美幌峠
-屈斜路湖-多和平-阿寒湖-オンネトー-足寄-三国峠-ナイタイ高原
-日勝峠-苫小牧港(フェリー)-
仙台港-伊豆下田

2015.08.30 (sun)~09.07(mon)
てなかんじで 3,110km。

ライダーハウスと知人(の知人)宅を頼って宿泊費 千円~0円/日ナリ。
キャンプ道具持って行ったのにテントを一度も張ることなく帰ってきたのでした。

n8
(屈斜路湖にて)

n4
(屈斜路湖畔の露天オトコ風呂は無料)


帯広では豚丼を食いました
厚岸では牡蠣を食いました
根室ではカニを食いました
でも
ウニとイクラを食い忘れました

キタキツネを見ました
エゾシカを見ました
サケの遡上を見ました
タンチョウヅルを見ました
でも
ヒグマに会うことはありませんでした
(会いたくないですし。)

地平線をはじめて見ました
地平線へつづく道を走りました
北方領土の近さに驚きました
護岸工事されていない川の美しさを知りました


n9
(野付半島ではシカが水浴び。ここ海ですけどね)


n3
(オンネトーてカナダっぽいよなあ。行ったことないけど。)


道東を7日間走って
二百人近いライダーやチャリダーとすれ違いながら
ピースサインを交わしました。
道の駅では日本各地から来たライダーたちと道東の
情報交換をしました。

なかにはソロツーリングの女性もいましたよ。
テント積んだデカいバイク転がしてすげーカッコ良かったなあ。

ライダーハウスではさまざまな年齢・職業の人びとと
出逢い、呑み、語り、雑魚寝して
翌朝、お互いの旅の無事を祈り別れました。

出逢えたみんな。たのしかったね。
あのあと、
事故らずコロばず 無事に家に帰り着きましたか?


n11 n12
(多和平展望台から見た地平線はちょっとだけ丸く見えたりして)


多和平(たわだいら)では360°に広がる地平線を見ました。
ここは
「晴れた新月の夜、天然のプラネタリウムになる(地元の人・談)」
んだそうです!多和平展望台の下にはご親切にキャンプ場が
ありました。 またいつか。必ず帰ってきますとも。
とびっきりのウイスキー持って。


n14
(三国峠!樹海!圧巻!)


知人の知人を頼り、ある集落の一軒屋に二泊させてもらったりもしました。
その家の主Yさんは地元のお友達を呼んでくれて、二夜連続オトコ四人
の宴を催してくれました。

アイヌの血を引くYさん
お世話になったお礼に、Yさんへマッサージしながら聞かせてもらった
北海道の話、アイヌの話、限界集落の実情、そこに住む人のコトバ。
お聞きした話のすべてがココロに沁みました。
あなたの ひけらかさないぶっきらぼうなやさしさが好きです。

Yさんの友人であり弟子でもあるSくん
ぼくがYさん宅に伺うことを知ったSくんは山に入って落葉キノコを
採って振る舞ってくれました。会ったことのない人間のために。
二夜連続オトコ会のシェフどうもありがとう。
地元でとれた食材だけでつくる絶品の数々。サイコーのおもてなし。感謝!

Yさん宅で出逢ったKくんは
二日目の夕方、仕事終わりにヤマメ釣りに連れていってくれました。
あなたのおかげで念願の「北海道の川で釣りをする」ことができました。
でも・・・日が暮れて真っ暗になっても釣り続けるKくん・・・正直言うと俺、
ヒグマに襲われないか内心ヒヤヒヤだったんだよねw


17
(アメマスの子どもGET!唐揚げで美味しく頂きました)


この旅のさいごに
あなたがた三人と過ごすことができて
ほんとうに うれしかった。
ほんとうに どうもありがとう。


n5
(苫小牧発-仙台行きフェリーの上から)


朝起きて空を見上げて
その日の天気をちょこっと心配して

あとは、ノーテンキに

走って
食って
呑んで
ひとと出逢って
また食ってまた呑んで
そして
呑まれて眠る
(と書いて「きぜつ」と読みます)
しあわせな毎日。

帰りのフェリーのチケットも持たず
あした自分がどこにいるのか、わからないし
今日が何月何日で何曜日なのか、わからなくなっても
んなことどーでもよくなる、あの日々たち。

タマシイを解放させた あのキラキラした7日間は、
たまらなくシアワセでした。


n10
(旅のおわりにひとりで乾杯。フェリーのロビーにて深夜1時)


やっぱりボクは こんな時間が年に1度は必要です。

ていうことで、
こりゃあ14周年も北海道旅で決まりなんでないかい?
来年は道北&道東かい?


2015,10,03
はくけい堂


18

Yさん宅の家族”I”。女子。5歳。
おまえにもずいぶんやさしくしてもらったなあ。
どうもありがとなぁ。


北海道にて (序)


毎年、長めの夏休みを遅めにいただいて
バイクでひとり旅をすることにしています。

はくけい堂治療院
10周年には九州に
11周年には東北に
12周年には四国に

そして今年
13周年は北海道に行ってまいりました。


n12



今回も沢山の
よい景色、よい酒、よい人々との出逢いがありました。
酔い良い宵に、気持よくヨイヨイになったお話なども次回に。



はくけい堂
2015.09.25


n16

奥羽にて②


三陸を旅して いちばん聞きたくなった唄は

タクローでした。

..................................

心が寒すぎて 旅にも出れなんだ

あんたは行きんさい 遠くへ行きんさい

行くんも とどまるも それぞれの道なんよ




2013.10.16
はくけい堂

奥羽にて①

奥(おう)州・羽(う)州 まるっとひとめぐり旅。


T2-2
写真提供/Kenz Garden 
(旅の相棒・テツオは いつもいい仕事してくれます。
写真は東北ではなく伊豆稲取港。)


2013.09.22 sun - 09.30 mon

【静岡】下田(発)-
【栃木】宇都宮-
【福島】吾妻磐梯スカイライン
【宮城】仙台-塩釜-松島-石巻-牡鹿半島-南三陸町-気仙沼-陸前高田-
【岩手】大船渡-釜石-大槌-山田町-宮古-久慈-
【青森】八戸-六ヶ所村-尻屋崎-大間崎-むつ市-青森市-龍飛崎-
 竜泊ライン-小泊-芦野公園-鰺ヶ沢-十二湖-
【秋田】能代-大潟村-八郎潟-秋田市-鳥海ブルーライン
【山形】酒田-鶴岡-
【新潟】笹川流れ-新潟市-柏崎-
【長野】信州中野-志賀草津道路
【群馬】草津町-日本ロマンチック街道鬼押ハイウェイ
【長野】佐久-
【山梨】甲府-精進湖-
【静岡】朝霧-沼津-西伊豆スカイライン-下田(着)

=2,987km
てな行程で行ってまいりました。


「震災から二年半が経って、三陸では復興が 
少なからず進んでいるだろう。進んでいるはずだ。」
などと、勝手に思い込み 信じ込んでいた間抜けな自分。


ツーリング前半に 三陸沿岸で見た

ひしゃげて千切れた ガードレール
基礎と門柱だけが残った 集落の跡
無残に落ちた いくつもの鉄橋
木っ端のように砕かれた 防波堤、防潮堤
土砂に埋もれた 駅とレールと鉄塔
あの日横倒しになった あの日のままのビルたち
あの日まるごと消えてしまった 海沿いの漁村たち
作業のために国道を疾駆する 何百というトラック

を、ぜったいに忘れません。


海岸線を実際に走り、
数百kmに及ぶ沿岸被害の実情を見て、
自分の貧困な想像力と無知っぷりを改めて思い知りました。


二年半経って、
やっとこれから 復興が始まるんですね。


ずっと知りませんでした。ごめんなさい三陸。


お高い背広を着て偉ぶってみても 復興予算をちょろまかすクズな
詐欺師たち(=一部の、または多くのキャリア官僚たち)を、
復興予算を流用しちゃあ てめえのポケットに入れちまうクズな輩たちを、
被災地から遠く離れた場所で 復興をネタに小遣い稼ぎに精を出す 
「下衆なそいつら」すべてを、心底から軽蔑します。


2013.10.14
はくけい堂


被災地で写真は一切撮りませんでした。

黒ねこ時計 くろック E01
カテゴリ
最新記事
プロフィール

はっけー

Author:はっけー
●静岡県下田市須崎で鍼灸整体院を営業しています。

はくけい堂治療院 
hakukei.net

どうぞごひいきに。
蟹座。AB型。


●すきなことば
『田舎哲学者の気さくさで話しつつ、内には剃刀のように鋭利な知性を保つべし』
by ジョージ・グッドハートDC


●すきな有名人
江頭2:50
金田朋子


●趣 味
コンビニで立ち読み


●座右の銘
『体に良いことばっかりしてちゃ
 体に悪いよ?』

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。