スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダルさのち下痢のち発疹

ココロの在り方がカラダに及ぼす影響を自分の身をもって実感しました。


3月11日から数日間、東日本大震災が起こした大津波と原発震災の惨状を
ずっとテレビで見ていました。

画面ごしからは今まで見たことも、想像することさえできなかったほどの
巨大津波の恐怖が伝わり、今後の放射性物質の影響を考えると不安で一杯になりました。
これが現実とは、数日間 実感できませんでしたね。
でも、カラダはココロの混乱をしっかりと受け止めていたんだろうと思います。

まず3/11のその晩から、ダルさに加えて食欲がなくなりました。
それは3/15の晩まで続きました。

3/16から3/20まで今度は下痢。まさにこれこそ水様便というべきもの。
汚い話で申し訳ありませんが、固形の物体が全く見当たらなかったですね。

3/21からは発疹が背中全体と胸部と上腹部に現れ、今日まで続いています。
いやあ、痒かった。


これらはいわゆる、「心身症」のひとつのカタチであろうと想像できます。
いや、個人的には間違いなく、「心身症」であると確信しています。

3/25から「亜麻仁油」を大匙2杯(/日)飲み始めたことによって、
(亜麻仁油は栄養バランスを崩した皮膚疾患の人に対し、効果をあらわすことが多いようです)
3/26には発疹の範囲や赤みは変わりないものの、痒みは半分程度に。
3/27には赤みが半減し、痒みは10分の3程度に軽減。
3/28-30には、発疹の範囲に変わりはないものの赤み・痒みともに10分の1に減少。
つまり、4日間続いた猛烈な痒さが1-2日でおさまり始めたわけです。
こんなに効果があるのなら、写真撮っとけばよかったですよ、失敗しました。


19日もたった今でも、被災地には食糧物資が足りていないと聞きます。
パンやオニギリしか支給されず、野菜は摂取できていない避難所もあるそうです。
メンタル面のケアが足りないことは言うまでもないでしょう。
テレビの画面越しから見ているぼくが、こんなに様々な症状で悩まされているんです。
被災地の皆様が心身両面でトラブルを抱えていることは容易に想像できます。

まだまだ、数年間(またはそれ以上)はモノとカネを東北に集めることがたいせつです。
なんとしても、一刻も早く、被災地の皆様が通常の生活を取り戻せるよう願っています。



2011.03.30
はくけい堂治療院

スポンサーサイト
黒ねこ時計 くろック E01
カテゴリ
最新記事
プロフィール

はっけー

Author:はっけー
●静岡県下田市須崎で鍼灸整体院を営業しています。

はくけい堂治療院 
hakukei.net
どうぞごひいきに。

●蟹座。AB型。


●すきな有名人
江頭2:50


●趣 味
コンビニで立ち読み


●座右の銘
『体に良いことばっかりしてちゃ
 体に悪いよ?』


●尊敬する人のことば
『田舎哲学者の気さくさで話しつつ、内には剃刀のように鋭利な知性を保つべし』
by ジョージ・グッドハートDC

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。