スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心身症について②

ある友だちのはなし(クライエントの話ではありません)。


Aさんのはなし。
ある大きなイベント出演を控え、Aさんは膝に強い痛みを感じました。
A さんは過去に膝関節を痛めたことがあるのですが、
練習で肉体を酷使したため、古傷を抱えた膝を再度痛めてしまったと思いました。
しかし、そのイベントが終了した直後から膝の痛みは完全に消失しました。


Bさんのはなし。
Bさんは、ある大きなイベント出演を控え、頭痛と胃痛と不眠を訴えました。
しかし、そのイベントが終了した直後から、頭痛と胃痛と不眠の症状は
完全に消失しました。


以上のケースから
ストレスが身体に多大な身体症状を引き起こすことがわかります。


でもそんなとき、
症状を抱える当人として、
または、
セラピストである第三者が、
出来ることはそんなに多くない、と僕は思っています。



できることといえば、


そのとき、
①当人はどんな感情を抱えているのか?
怒り?不安?悲しみ?その他のなにを感じているのか?
その感情に気づき、その怒りや不安や悲しみを第三者に
打ち明けること。
(または、当人の混乱した感情の整理を第三者が手助けすること)

くわえて、
② 身体が自然治癒力を発動しやすいように
カラダとココロを弛めてあげること。

そして、
③ そのストレスとなるイベントが行き過ぎるのを待つこと。


それぐらいしか、できることはないけれど、
でも上記2つのケースは
それだけで十分なこともあるんだ、ということを
教えてくれています。



はくけい堂
2012,04,02






スポンサーサイト
黒ねこ時計 くろック E01
カテゴリ
最新記事
プロフィール

はっけー

Author:はっけー
●静岡県下田市須崎で鍼灸整体院を営業しています。

はくけい堂治療院 
hakukei.net
どうぞごひいきに。

●蟹座。AB型。


●すきな有名人
江頭2:50


●趣 味
コンビニで立ち読み


●座右の銘
『体に良いことばっかりしてちゃ
 体に悪いよ?』


●尊敬する人のことば
『田舎哲学者の気さくさで話しつつ、内には剃刀のように鋭利な知性を保つべし』
by ジョージ・グッドハートDC

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。