スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクーリングへ

明日(8/24)から4日間、
吉祥寺の大学へ夏期スクーリングに出かけます。

この猛暑の中、
コンクリート ジャングルTOKYOにノコノコ出かけ、
シンリガクを朝から晩まで4日間みっちり勉強すんの?
しかも 高いカネ払って・・? 「ハァ~っ?」

・・・な、

世間様が聞けば、
うへぇ な荒行
あるいは 
Mチックな変態的スケジュールを
こなすことになるわけですが、

なぜかぼくは
スクーリングに行くことを楽しみにしています。

なぜにウキウキなのかといえば、

一日の講義がおわったあと、、
夕闇せまるハモニカ横丁の立ち飲み屋で、
ひとりヤる生ビールの格別なことったらない
からなわけでありますよ。



すべてはアノ一杯の「うまい!」のために。
by アサヒビール



では行ってまいりますw!



2013,08,23
はくけい堂


イヤイヤモチロン、マジメにベンキョーしてキマスとも!

しんじつについてかんがえる

こぞーのころ
ただしいこと ってのは ひとつだけしかなくて
いろんなひとと
しんじつ をあらそって けんかしたりしました。


そのけんかともだち から まなんだことは
しんじつ ってのは ひとつきりじゃないってこと。



あなた や ぼくは
そのははおやにうまれ
そのちかしいひとたちと
そのちいきのひとびとに
ささえられ そだてられて おおきくなる。



たくさんのひとたちの 
よいえいきょう

わるいえいきょう
をうけ 


たくさんのひとたちの 
おもい

えご
を 

うけとめることで
そのえねるぎーは うずをまき 
やがて ながれをうみ
あるいは よどみ
ひとつのかたちをつくりだす。


そうして
あなた や ぼくのしんじつ ができあがり
いつしか こうおもいこむようになる。




しんじつ とか せいぎなんてものはひとつだけ 
にきまってる と。





だけど
おとなになり しゃかいにでて
いろんなまちがい を おかしながら
いろんなひとと であい と わかれ
をくりかえし

いろんなひとびとの よろこびとかなしみを
しることで



しんじつ は いきてるひとのかずだけ 
あるんじゃね? 



と いつのひにか かんがえるようになる。




ぼくらは としをかさねるごとに 
ゆるせない と おもうことがすくなくなっていき
すこしずつ すこしずつ
やわらかさ と しなやかさ を
とりもどしてゆく。




だって
しんじつ ってなんなのか 
どんどん わからなくなってゆく
から。



しんじつ(真実)が なにか わからなくなっていく
そのこと こそが
しんり(真理)なんじゃないのかなあ なんて
さいきん おもったりすんですよね。


みつを




2013,08,17
はくけい堂



でも、
ゆるしたくないことが  へったとしても、
まったく なくなったり はしませんよね。
だって ぼくら にんげんだもの ねぇ(笑)。


4月と5月のこと

嗚呼、
前回のエントリから早くも2ヶ月が経ちました・・・。


こんな不定期な更新のブログを訪れてくれている人も
稀にはいるようで、そんな方々には声を大にしてこう伝えたい。

「こんないい加減なブログを気にかけて

くれるなんて


あんた 変わってんね。」

ほんとうにありがとうございます」


ボクのこの二ヶ月間はといえば、
4月末に九州男児のバイク乗り 日本1周中のK下くんを出迎え、
我が家に泊まってもらって痛飲したり
(さすが九州男児の呑みっぷりでありました、惚れぼれ♪)


5月には、ISOさんに誘われ
朝霧高原の友だちに会い痛飲・・いつも頑張ってくれてます>my肝臓。
(レオさん、ねえさん、たかさん、いつもお付き合いありがとね。
梅雨明けにまた!)



朝霧呑み会の翌日、雲海に遭遇


富士山 新五合目にて


かと思えば、


風力発電の被害を訴える会合(院内集会)のお手伝いで東京まで出かけたり・・。
(参議院会館の会議室にて、日本全国で風車による健康被害
に苦しむ人びと、国会議員やその秘書さん、経産省・環境省官僚の
方々、新聞記者、ジャーナリスト含め50名以上集まりました)


または、


下田市主催の黒船祭に、市民主催型イベント「シーカヤック体験会」
を仲間と開催したり(今年で体験会は7回目となり、2日間で70名もの
方々がいらしてくださいました。感謝。)


kurohune 2013
(写真提供/kenz garden)



などなどと、
仕事と私用で忙しく過ごしました。

なので、
「腰痛について②」を書けなかったのです・・・という、
長い長い言い訳エントリなのでした。

次回こそは「腰痛について②」・・・を。
こんどこそは、ほんとにほんとゼッタイにゼッタイですってば。



2013.05.3o
はくけい堂




旅人よ

昨夏、
雲仙で出会っ(・・た、とゆーか一方的にお世話になっ・・)た、
諫早のSR乗りK下くん
 が、

「日本一周の旅に出ました ♪」

とメールくれました。
伊豆にも寄ってくれるそうです。連絡どうもありがとう。
精一杯のおもてなしをさせてもらおうと企んでいます。


ゆっくりと、思うがまま、存分に、

その峠を。
その海岸線を。
ひとつひとつのコーナーを。
ひとつひとつの直線を。
ひとりひとりとの出逢いを。

楽しみながら、来てくださいな。


ただし!

くれぐれも、



山ん中で独り、

立ちゴケなんかしないように!


気をつけて(笑)


待っとうばい!

。。。。。。。。。。。。。。


はくけい堂
2013,04,02


で、「腰痛を考える②」はどうした>おれ

・・・あい。次回のエントリーはそれで。

二年後の今日

自民党本部で2月15日、原発のある道県の議会議長を招いた調査会が開かれた。

相次ぐ「原発の早期再稼働を」の声に、

福島県の斎藤健治議長は

「これ以上、一緒に議論できない」と途中で

席を立った。


大震災の前までは、福島第一に原子炉の増設を求めるなどバリバリの原発推進派だった。

「『原発は必要』という人ほど事故後の福島を見に来ない。
会合の場でも言ったよ、

自分で3号機の前に立ってみろって。

そしたら再稼働なんて簡単に言えなくなる」




(略)


「電力会社が悪い、国が責任を果たせって言えるのは僕らが最後かもしれません」と、
浪江町の玉川さんはいう。

「なにが起きたのか、今ちゃんと共有して

倍賞制度や避難計画を見なおさないと、

今度どこかで事故が起きたら

『福島のことを知ってて(原発を)

受け入れたんでしょ。

自己責任です』

と言われておしまいになりかねない」



その玉川さんが昨年4月、原発を訪れた際、ソーシャルメディア「フェイスブック」に
書き込んだ投稿が、「シェア」という機能によって、人から人へと広がり続けている。
すでに1万5千件を超えた。
そこには、こんな言葉がつづられている。

「今回の事故は最悪ではなかった/
幸いな事に最悪を免れることができたという、
恐ろしい事実をもっとみんなで共有すべきと感じます」


「福島を支援するということが誤解/

福島の地で今を支えている/

それによって日本が支えられている/

皆がまさに当事者なのです」


(朝日新聞 2013,03,11 社説から抜粋)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今やっとそのことに気づきました。
ごめんなさい。ほんとうにありがとう。


2013,03,11
はくけい堂


黒ねこ時計 くろック E01
カテゴリ
最新記事
プロフィール

はっけー

Author:はっけー
●静岡県下田市須崎で鍼灸整体院を営業しています。

はくけい堂治療院 
hakukei.net

どうぞごひいきに。
蟹座。AB型。


●すきなことば
『田舎哲学者の気さくさで話しつつ、内には剃刀のように鋭利な知性を保つべし』
by ジョージ・グッドハートDC


●すきな有名人
江頭2:50
金田朋子


●趣 味
コンビニで立ち読み


●座右の銘
『体に良いことばっかりしてちゃ
 体に悪いよ?』

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。